読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

興味転々

読んだ本の記録&日記&興味ある事を混ぜこぜにして

「アベノミクス 」失敗とは言わないで?

2012年12月に自民党が選挙に勝利し、第二次安倍政権が誕生して、4年になる。

デフレ脱却を目標に、アベノミクスと言う経済政策が打ち出された。

一時は、円安、株高が進んだ。

期待感は大きかったようだが。

効果が思ったようにでなかった。

今年の円高は、アベノミクスへの疑問を感じるものだった。

12月1日のダイヤモンドのメールの記事のタイトル

アベノミクスは失敗だった」と声高に言いづらい空気の原因【DOL】」という記事を見かけた。 

diamond.jp

 

アベノミクスに対する批判は、安倍政権が誕生して以来、野党が安倍政権の批判で口にする以外にあまり耳にしなかった。

経済政策に時の首相の名前を冠にしている以上、野党以外のマスコミや評論家や経済学者は「失敗」などの意見が言いにくかったのだろう。

新聞で記事にしたり、テレビ番組などで言ってしまうと、上からの圧力があるからか?

お上に媚びる自主規制か?

--------------------------------------------------
為替
--------------------------------------------------

しかし、大規模な金融緩和をした結果で、

安倍政権誕生前から、

海外の経済学者など専門家が言っていた通り一時的に

円は大きく下がった。

平成12年11月16日の衆議院解散時の81円

自民党が勝利した衆議院選挙の12月16日の翌日の円83円。

2013年の4月に金融緩和を推進する黒田春彦氏が日銀の総裁に就任した。

2013年㋃4日と2014年の10月末の黒田バズーカのおかげか円安は推し進められ、

120円近辺まで下がった。

しかし、今は21世紀、

20世紀的従来の経済学の考え方は通じない。

日米の特殊な関係もあってか。

2016年には、100円を切るまで上がった。

昨年から続く中国の景気低迷やブレグジットが世界景気への不安感を生み、

安全通貨といわれる円が買われ、円高になったと言われている。

さらに、アメリカの利上げが昨年の12月以降、今度はあるかという期待のなか、今年の12月までなかったことにも原因があるようだ。

同時期にアメリカ大統領選挙があったことも円高の原因のようだ。

アメリカ経済の影響を直撃する日本の経済において、日本単体での経済政策がどれだけ効果があるかが疑問だ。

日本経済は、アメリカの経済次第で大きく変動する。

アメリカの景気が良い時は日本も調子がいい。

日本は、金融緩和をすれば、確実に下がる(円安)になるというものではないようでだ。

やはり、金融政策だけでは、デフレ脱却と言う大きなことはできない。

本当は、初期に金融緩和以外にも、力を入れるべきだった。

せっかく3本の矢を用意して、一本だけでは勿体無い。

しかし、

当の本人は、安保や憲法改正などに執心して、時々、一口だけはさむ程度。

おじいさんのやり残したことを一生懸命にやり遂げようとしている。

黒田バズーカと言っても、大規模の金融緩和。

日銀はアベノミクスの唯一のプレーヤーだったかもしれない。

 -------------------------------------------------

株価
---------------------------------------------

株価は、確かに上がった。

 2012年12月16日衆議院選挙で自民党が勝利した次の日の

17日の日経平均がが9828.88円

2016年12月16日18360.54円。

4年の間でほぼ倍近くに上がっている。

 投資家で設けた人も多くいただろう。

円安・株高がアベノミクスの目指すところ。

円安になれば、輸出が増え、雇用が生まれ、

輸入物価があがり、物価がゆっくり上がるリフレになる。

デフレ脱却する。

株高になれば、企業の資産も増え、株の取引きが活発になり、

雇用が増える。

雇用が増えると、徐々に賃金も上がって行く。

消費が増える。さらに企業活動が活発になる。

さらに、投資家なども儲かる。

そういった人の消費が増える。

企業の活動が活発になる。

企業や投資家がもうかれば、

そのお金がコップからあふれるようにこぼれて下に滴り落ち、さらにその下のコップに溜まる。

またそれがあふれて下にと、徐々に下も潤ってくるという。

トリクルダウンの理論を想定しているようだ。

最終的に、税収も増えて、プライマリーバランスが維持できるようになる。

目論見はそうだが。

しかし、現実問題。

どうなのか?

アベノミクスの思う結果が出ていない。

物価(日銀が見ている数値)は上がらず。

賃金は上がっているとするが、そうなのだろうか?

GDPも増えていない。

税収もそれほど増えていないようだ。

2016年度の2.3%増の57.6兆円とみていたようだが、

上期の法人税は前年比46.9%減の3135億円、

www.nikkei.com

 16年度の見通しを今秋までの円高を理由に1兆7440億円も減額補正するようだ。

 

 -------------------------------------------------

株価
---------------------------------------------

アベノミクスを進めるべき政府が、

反対に、消費を抑える政策を一生懸命やっている。

年金を引き下げ、医療費を上げる。

金利

金利年金生活者の消費を抑える効果がある。

日銀の考えでは物価は上がっていないことになっているが。

人の生活では、物価は上がっている。

消費税が上がりっている。

日銀の計算では、消費税上昇は勘案されない。

日銀の考え方と人の生活の実態とは乖離している。

もし、リフレが進めば、人の生活はどうなるのか?

ちょっと怖い気がする。

 

所詮経済学は、人を見ていない。

軽座学は誰のために

そんな経済学の人の話を聞いて政策をやるなら、人がいない世界でやって欲しい。

アベノミクス」は失敗した方がいいのかもしれない。

早く方向転換しないと日本国民の多くは、いよいよ苦しい状況に追いやられるかもしれない。

それを多くの人が思っていても言えない。

しかし、最近言えるようになってきた。

ご本人が最近は、あまり興味がなくなったからからもしれない。

自然の流れに逆らって、いいことはない。

日本はアメリカの経済の影響を大きく受けるため、

下手に経済政策をしなくても、アメリカ経済がよくなれば、日本経済もよくなる。

下手な経済性政策をして、将来に禍根を残してほしくない。

水不足について

先日琵琶湖に行ったときに思った。

海のように広く、水を滔々とたたえる琵琶湖。

関西の水がめだ。

この水が使えなくなったらどうなるかなど、湖上を進みながら思った。

f:id:m3785com:20161115195020j:plain

水は大切だ。

地球に生命が存在できるのは、水が液体で存在しているから。

水が太陽の熱で温められ、雲になり、雨となる循環しているからである。

この過程で、空気の流れが生まれることで、地球は生命が存在できる環境が保たれている。

宇宙でも、地球のように水が液体で存在し、循環している星はとても少ないという。

天文学者たちが、科学の粋を使って、一生懸命さがしているが、未だに見つかっていないようだ。

 

日本で暮らしていると、あまり水の大切さを感じることはほとんどない。

トイレに行って、レバーを回すと「ジャ-ッ」と大量の水が流れる。

これでもというほど。

見ていて、「もったいない」という気がしないでもない。

しかし、この「ジャ-ッ」がなくなると、不便だというより、やっていけない。

この「ジャーッ」がない生活は、いつやってくるかわかない。

この数年で頻発している地震や水害ないなどの災害が起きると、

多くの被災された人たちが直面するのは、水がないことではないだろうか?

プライバシーや食べもの不足ということもも困るが、

水がないと何もできない。

飲食からトイレそして風呂と。

栄養と衛生面での大きな問題になる。

 

温暖化が問題になっている今、温暖化がもたらす水不足も水不足については、以前からおりにつけてニュースになっている。

ネットいろいろ調べている、将来の水不足備えて、太陽熱発電を利用して海水をろ過して使えるようにする試みがなされているサイトがあった。

この記事がかかれた内容では、2025年には、30億人分の水が不足するということが書かれていた。

30億人分の水というのは計算すると年間1.5兆トン(1日当たり41億トン)となるようだ。20万トン/日の淡水を作るプラントを20台用意しないといけない。

海水をろ過して水を作るのに大量の電気が必要になる。これを化石燃料で賄えば二酸化炭素の排出量が増え、温暖化に拍車をかける可能性がある。

そこで太陽エネルギーを利用してマグネシウムを使って、水をろ過するというシステムが考えられているようだ。(2009年4月の記事)

琵琶湖の貯水量が27.5k㎥=27,500,000,000,000リットル。

1リットル=1kgとして、27,500,000,000トン(275億トン)

41億トンという琵琶湖の水でも一週間程度でなくなってしまうほど水が不足する。

sangakukan.jp

 

NHKニュースでは、温暖化で将来的に降雨量が減り水不足が問題になるとのこと。 

そのために、水が少なくて育てることができるカカオの栽培を進め、開発途上国の衛生のためにトイレを設置する場合は、水の使用を少なくしたトイレを設置するなど、水を使わない工夫などが紹介されていた。

www3.nhk.or.jp

上記のほかに、水不足に関する情報がインターネットにたくさんある。

水不足の問題に、今の日本の人がどれほど危機感を感じているだろうか?

 

毎年、大雨が降って水害が各地で起きている。

こんな状況でも、水不足の足音は忍びよってきているかもしれない。

今年、大雨で災害が起きた同じような頃に

矢木沢ダム」の貯水率が10%、取水制限をすると言うニュースがあった。

夏前に今までにない渇水量になっていた。

結局、生活には影響がなかったようだ。

あのまま、雨が降らなかったら、首都圏は水不足でパニックが起きたかもしれない。

幸い、もう持ち直したようでよかった。

八木沢ダム付近の昨年から今年のかけての冬の積雪量が異常に少なかったようだ。

首都圏の人はどれだけ意識していたのだろうか?

今の日本人は、淡水が必要で、淡水があってもそれを浄化しないと飲むことができない。

 

来年はちゃんと雨が降るのだろうか?

水源付近に雪が降って積もるだろうか?

日本の気候は、遠くの海で起きている変化に大きく影響される。

また、太陽の微妙な変化によっても地球の気候は影響を受ける。

そんな、微妙な状況に日本の気候は、雨が良く降り、毎年、梅雨があり、風が20個前後やってきて、冬には山に雪が積もり春には融けて川に流れ込み雄域を潤す。

温暖化が進んでいるなか、

この微妙なバランスが崩れれないという保証はない。

いよいよあした。アメリカの大統領選挙

クリントン、トランプ?

さぁードッチ。

史上最大の不人気候補の選挙。

不人気と言うけど、誰が選んだか?

選択肢のなかった選挙かな。

消去法で選ばれた二人。

いやトランプさんを支持する人は、主に白人で今生活が苦しい、かつての中間層の人が多いだろう。こう言った人たちの金持ちなどの上流階級への反発がトランプさんを大統領候補に押し上げたのだろう。

トランプ自身も上流階級の人だが。

共和党の他の金持ちのボンボン候補インパクトと魅力がなかったのだろう。

トランプさんがボンボンよりインパクトありすぎたのかもしれない。

この一年、アメリカにとって、お祭り騒ぎだけ残って一年だった。

将来に向けた希望を持てない年というと言い過ぎかもしれない。


明日、大勢が決まり、本当に決まるのは12月。


クリントンさんになって欲しいけど、トランプさんになってみて欲しい気もする。

トランプさんが大統領になったら、フィリピンのドゥテルテ大統領のようになるのだろう。

しかし、いくら、トランプさんが、無茶を言ったとしても、議会がストップをかけるだろう。

あまり変わらないかもしれない。


今まで選択肢があったアメリカは、まだいいと思う。


日本は悲惨だ。

選挙はたくさんあるけど、ほとんどの場合、選択肢がない。

野党は、小さい世界で離合集散を繰り返しまとまらない。

人間が小さい人ばかりか?


選挙になると党利で、党員や利権団体員が投票して決まる選挙。


お金の匂いばかりかいでいる。

最近の国、地方問わず。

お金に絡む話題に事欠かない。

白紙領収書。

大臣がしているのだから、救いようがない。

選んだ人の顔が見てみたい。

民間では、悪いとされるが、

永田町では、正解。

永田町では、民間の人を縛る法律を作るところ。

そこが、民間での禁じ手を平然と行っている。

好き放題し放題。

利権が人を縛って、生きるために利権団体にしがみついて投票する。

これでは、負のスパイラル。

日本はどうなるか?


グチを言っても始まらない。

生き物の社会、個体が集まって生きるということは、こう言うことは避けられないのだろう。

猿も人も同じだろう。


今は、そう言ったことへの反発のマグマが溜まってきている時かもしれない。

発散方法が、戦争や内戦でなく、平和的で選挙であるのが良かったと思う。