読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

興味転々

読んだ本の記録&日記&興味ある事を混ぜこぜにして

「えっ愛!?」

「えっ愛!?」はオヤジギャグ。
先日の日経電子版に「えっ愛!?」なニュースがあった。

2000万回近くも愛を告白された「女性」が中国にいる。米マイクロソフ愛が生まれる日 絆、つなげるかト中国拠点が開発した人工知能(AI)「小冰(シャオアイス)」だ。約8900万人がスマートフォンの画面上などで対話を楽しむうちに、いつの間にか友情や恋愛感情が育まれる。(日経電子版「愛が生まれる日 絆、つなげるか」より)


スマートフォンは、日常生活に欠かすことができないものになった。
若い人は、一日のうち何時間スマートフォンに向かっているだろう。
私も手持ち無沙汰になると自然とスマートフォンを触っている。
何をするでもなくニュースやKindleを見ている。

スマホが数少ない私の友達の一人?かもしれない。

このオヤジでさえスマートフォンを愛用している。
スマートフォンはすごいといつも思う。
スマートフォンを使って家のエアコンをつけたり予約録画をすることもできるようだ。
これはIoTかな。
スマートフォンにARが組み合わさると
観光地などでかつての建物をCGなどで臨場感たっぷりに見ることができる。
先日羅城門に行った時案内看板に羅城門がどんなだったかスマートフォンのアプリで見ることをできるとアプリをダンロードするためのバーコードが載っていた。
f:id:m3785com:20170202213456j:image

そして
AIの技術は日々進歩している。
囲碁の世界でも人間を負かすほど。
教えなくても自分で学習するようだ。

 「ディープラーニング」と言うようだ。

ディープラーニング機械学習をさらに発展させたものだ。従来の機械学習との大きな違いは、情報やデータを分析する際に使う枠組みが異なっていること。これは、人間の神経を真似て作った「ニューラルネットワーク」で、コンピューターによるデータの分析と学習を強力なものに仕立て上げているのだ。

innovation.mufg.jp

 

進めば人間と同じようになるかもしれない。
それがスマートフォンの中で、応対してくる。
SNSのように既読無視はなさそうだし、いつもそばにいてくれる。
すぐ孤独感を感じてしまう人類には格好のアイテムかもしれない。

将来的には、
政治家は政治についての相談をしたり、作家はAIとの会話でアイデアを探したり、AIは色々相談に乗ってくれたり、
飲み屋でするグチも気兼ねなく聞いてくれるかもしれない。
人生相談も。
まさにパートナーになる。
学習するから当然個性も持つだろう。
持ち主に合った個性を。
利用者(=ご主人様)の好みあった個性を持ったパートナーになるかもしれない。
そうなれば、愛着が生まれる。
その個性と連動したりロボットが生まれる可能性もある。
ロボット外観も好み合わせて着せ替えできるとなると。
結婚せずAIロボットと二人?で過ごす人が増えるかもしれない。

ニュースの中国もまた日本でも結婚しない(できない?)若い人が増えている。
経済力がないとかの色々な理由もあったりなどアンマッチング。
つい十数年前の2000年で考えられないことだ。1960年代のSFの世界。
当然、戦後では思いもよらないことだと思う。
この70年の間に人間は変わった。
平和そうで、平和でない、でも平和な時代が続いた。
第二次世界大戦のような大きな戦争がなくなって、東西冷戦が終わった頃。
戦争用だったインターネットが一般人に解放された。
そこからの進歩は目を見張るほどだった。


今やスマートフォンと言うコンピュータがポケットの中にある時代になった。
利用者が増え。
そして、若い人はスマートフォンの虜になった。
そのスマートフォンがインターネットを通じリアルタイムなコミュケーションを取る手段として活用されるようになった。
ついには、スマートフォンとコミュケーションを取るようになるのだろう。
そして、人は自分の思うようになるスマートフォンAIに惹かれていくことになるかもしれない。

それだけにはなく、高齢化や医療の現場でも役立つようになるだろう。
医療や介護の世界で学習機能AIロボットができ、ネット情報を共有できるとなれば高齢化の進む社会の医療介護の現場でとても役立つ。
人手不足の解消以上になるもしれない。
今の高齢者の介護問題を解消してくれるかもしれない。
ロボットとAIの技術が進めば人ができないところでの作業もできるようになると思う。
原発廃炉も進むかもしれない。


高齢者介護は大きな社会問題だ。
増え続ける高齢者。
それを介護する人は増えず、高齢化していくことになるだろう。

若い人は高齢者を、社会保険や税金といった重い負担を背負わされて、
高齢者にかまっている余裕がないようになるだろう。
老々介護も普通の時代にになることは確実だ。

歳をとって、独居になった時、身近で話に相手になってくれ、
寂しさを紛らわせてくれるスマートフォンのAIがあれば、
高齢者のボケ防止になるかもしれない、
常時スマホを持っているようになると、
徘徊を防止することもできるかもしれない。

高齢者にとっては、身内以上の存在になるかもしれない。
昔ばなしも嫌な顔一つせず何度も聞いてくれる。
相づちも打ってくれる。突っ込んで聞いてきてくれる。
誰に気兼ねなく話せる。
高齢化社会にとってとても有用なツールになると思う。

 

さらに進化するとより人間らしくなり、
スマートフォンAIとケンカをすることも可能になるかもしれない。
そして和解もできる機能の装備されると、
ますます人間に近づく。

いずれ、人間の脳のように軽量コンパクト省エネなAIのコンピュータが誕生するかもしれない。

 

長期金利と株価

1月25日長期金利が上がった。

日銀の買いオペの日。

日銀が市場の予想外の買い方をしたようだ。

 日銀が25日の国債買い入れオペ(公開市場操作)で、市場が当然実施すると予想していた年限の買い入れを行わなかった。市場は予定していたオペを見送ったとみなし、月間合計の買い入れ額が減少するとの観測が広がっている。需給悪化につながるとの思惑から債券市場では売り圧力が強まり、幅広い年限での利回りが上昇(債券価格は下落)した。

日経新聞 電子版 「日銀、突然のオペ見送りで市場に動揺」よりH29.01.25

 

そろそろ日銀の国債買い入れに限界が近づていきているのかもしれない。
日銀の国債買い入れをどこまでするのか?

市場は限界に近づいているのではないかと思い始めているかもしれない。
いつまでも日銀が大量に国債購入を続けることができることはない。
デフレ脱却すればやめるようだが。
それはいつか?
金融政策を推進してきた一人である浜田氏は、当初は金融政策だけで大丈夫だと思っていたが、これだけでは無理という思うようになったとテレビ(MBS 28日18時からのニュース番組)で堂々といっていた。

(浜田氏の考えが変わったには、1年か2年前だと思う。そのようなニュース1年か2年前に聞いたことがある。)

今頃言っても、もう遅い。

違ったこと自体に責任は感じてなさそうだ。ご本人の勧めで今の政策が進んでいることにも責任を感じてもなさそうだ。

学者だから考えが変わって当然なのだろう。

実験と同じだったのだろうか?

 

年金を削減しようとしたり、医療費を減らそうとしたり、プライマリーバランスを均衡させようとしたりする今の政府の政策を見ると、
このままでは、デフレ脱却はまだまだ先だろう。

プライマリーバランスも、歳出削減も必要だと思うが。

鍋に水とお湯を同時注いで、温かくならないと言っているようなものではないだろうか?
これらの政策は、消費意欲を削いだり、政府の積極的な経済促進の足かせになる。
同番組で、政府が、もっと財政出動規制緩和が必要だとも元日銀の委員が言ってた。

ただ、政府の腰が重いのも、長期金利が低い常態を維持できているから=日銀が一生懸命国債を買っているからだろうし、株価が18,000円以上をキープしているから=日銀がETFを大量に買っているからだろう。

今の政府が向いているのは、面子を賭けた「TPP」が抜けた後の国会運営をどのようにするか?
憲法改正をどうすすめるか?
トランプ大統領とどううまくやっていくか?
日本経済や国民には向かっていないように見える。

日銀の金融政策にたよりっきり。
このままでは、日銀はいつまでも国債の大量買い付けや、ETFの購入をつづけないといけない。
終点がない。
そのうち、国債は日銀が直接買ってもいいのではないかとという話が自然と既定路線になったり。
日本企業の日銀は、大株主?になるかもしれない。

もし、デフレ脱却できたとして、
日銀が国債の大量買い付けをやめれば、
国債の価格が下落し、金利が急上昇することも考えられる。
アメリカなどの他の国との金利差がなくなることで、
円高がすすむのか?
円安にすすむのか?
国債価格の下落場面では、やはり円安か。

円安になれば、輸出企業の収益があがると、思われているのだろう。
円安になれば円安になるほど、
資源などの輸入価格があがる。
当然、家計にも影響がでる。
デフレに戻るの可能性がある。

世界で唯一景気のよいアメリカ、
ドル高の傾向はある。
かつてアメリカQEをやめたときに、
ドルが手に入らないという国があるというニュースをみたことがある。

今でも、日本企業が輸入でドルを買うときは、プレミアムがつくようだ。
円安傾向にある時期におていは、ドルの先高感があり、プレミアムも上がる。
リフレを飛び越して、インフレになる可能性がある。
物価は上がるが、景気は良くないとが、資産はあると言ういびつなことにならないだろうか?
大規模金融緩和の結果、デフレの脱却はムリで、
今のままの金融緩和に頼りっぱなしだと、
日本国債市場のプレーヤは日銀のみと言うことになり、
結果、財政ファイナンス国債を日銀が買うから長期金利は低め、円安が極度に進んで、物価は上昇する。しかし、名目GDPはマイナス。
ここで、日銀は大規模金融緩和を終われせることができるようになるのかも。
いや終わらせなければならなくなるだろう。

インフレの時は教科書通り金利を上げるように動くだろう。
その時、日本国民の生活はどうなっているのか?
その時の風景は今と違ったものになっているかもしれない。

 

長期金利と株価の操作が、実態経済にどれだけ効果あったのか?

経済学に頼っていると・・・・・。20世紀と21世紀は違う。

国の負債、約1000兆円。

ほとんどが国内で調達しているから

大丈夫。

日本の資産はたくさんあるから

大丈夫。

日銀が多く国債を買っている。

日銀は、政府の子会社のようなものだから、帳簿を合わせれば、相殺されて大丈夫。

負債は多くても、金利は低い状態を保ち、マイナス金利にもできたから

大丈夫。

日銀はどんどん札を刷って、行けば良い。

結果リフレになって、それを超えるインフレになっても、金利は安定し、ハイパーインフレにはならない。

賛否はある。

どうなるかは、化学のように、「これとこれを反応させればこうなる」と言う答はない。

 

化学だけでなく物理学においては、理論物理学と実験物理学がある。

理論物理学で出された仮設を実験物理学で実証する。

 経済学は、化学や物理などの他の科学のように実験はできない。

同じ手法でも、時期や周辺国の状況、政治的、そのほか気象、災害など大きな条件で結果は大きく変わる。

同じ環境を作って実験は決してきでない。

実験は、というより臨床にちかい。

医学に近いかもしれない。

しかし、

人の臨床のように経済では簡単に臨床ができない。

経済は、医学のように検体が多くない。

一つだけ。今ある経済状況だけだ。

実験も臨床もほぼできないと言っても良いかもしれない。

結果、経済学と言う学問は、机上の論理に終わりがちだと思う。

その理論には、人が存在しない数学のような学問が経済学。

物価を測るに、人が生きるに欠かせない食料品を外したコアCPIを使い、最近ではさらに燃料を外したコアコアCPI(海外ではこれがコアCPI)も参考するようになったようだ。

一番、人が生活に関するデータを外すと言う考え方、人を見ない経済学らしい。

季節要因などで変動が大きいからということで外すと言う暴挙ができる。

人の存在感が、19世紀20世紀と比較にならないほど大きくなった21世紀で通用するのか?

それらを無視するから、好き勝手に理論が立って、経済学者の数だけ理論が出てくる。

それが正しいか正しくないかだれも判断できない。

似たような理論はある。

ケインズのような大経済学者の理論を基本としたグループの考え方は似通っていると思う。

ケインズと言っても1世紀以上前の人。

時代も環境も全く違う。

その時の人の考えをいまだに信心して、今の時代に適用しようとするグループがある。

「金融緩和をすれば、・・・・」は20世紀では通用したかもしれながいが。

今のグローバル化した世界で通用するのか?

過去の事例をとって、理論の裏付けをしようとするが、その考え通用するのかな?と思う。

その例がアベノミクスだ。

あまりうまく行っているとは思えない。

一部には、失敗と言う話も聞こえてくる。

経済学と言う考え方が、限界にきているのかもしれない。

ひょっとすると、どこかで、誰かが21世紀型経済論を持っているかもしれない。

それで、再生できるかもしれない。

しかし、それが、世間の注目を浴びるのは、ずっと後になるのだろう。

20世紀型経済学の重鎮がいなくなった頃ぐらいか。

学問の世界も利権の集まりだ。

自分が信心する理論が通用しなくなれば自分だけなく弟子も食えなくなる。

本人からすると影響は大きい。

だから、後生大事にそれを守ろうとする。

たとえ、時代に即していなくても、食べるためには、古いの新しいのと言っていられない。

古くても、国に採用してもらえれば、大儲けできる。

結果は二の次だろう。

失敗しても政府のやり方悪かったと言える。 

結果が、人の所為にできる。

これほど楽なことはない。 

 

人は安く物が買うことに喜びがあって、普通に生活が維持できて、ちっとだけいいことができれば嬉しいと思うのではないかと思う。

しかし、欲求はスパイラルに上がって行く。

それを調整をするにために国はどうするか?

人の満足度を感じさせ、それを安定させるかこれが一番大切。

理論ではない。

利権に関わっていると決して達成できない。

世界で人口が増え、ここ少子高齢化が進む社会では、利己ではなく利他と言う考え方が必要だ。自然とそれで満ちていることが必要になると思う。

人間の本性に逆らう「利他」が普通にある社会が望まれる。

これが人類が目指さないといけない「進化」かもしれない。

 

マルクスケインズも触れなかった 嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー お金はどう作られ、どうなくなっていくのか」という本を読んだ。

今まで、政治経済やアベノミクス関係の本を読んだ。

古典派、新古典派マルクスケインズマネタリズムなの過去の経済学を簡単に説明しつつ、これらの経済学でアベノミクスを検証し、どうして効果が出ないのかということが書かれていた。

アベノミクスケインズや古典派の考え方を用いているようだ。

ケインズ経済学と古典派のの考えは反するが、アベノミクスでは同居している。

わかりやすく、すぐ読める書籍だった。

通貨は銀行が作っている、いくら日銀が金融緩和して銀行にお金を流しても、

日銀の当座勘定にブタ積みされるだけのようだ。

通貨というのは、銀行が貸し出しをして初めて発生すようだ。

銀行の勘定で、貸付が増えると同時に預金が増えるということ。

それによって、通貨が増える。

これによると、

この本では、財政出動より、銀行による信用創生が必要ということになる。

銀行が今のようにお金の創生しないのであれば、

最近いわれている「ヘリマネ」が有効だということになる。

こういったことが、今までの経済学では一切言われていなかったようだ。

経済学が重視されているが、

もっと、人がいる社会を見つめるといままで経済学言われていなかったことが、見えてくるかもしれないと思う。

 

マルクスもケインズも触れなかった 嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー お金はどう作られ、どうなくなっていくのか

マルクスもケインズも触れなかった 嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー お金はどう作られ、どうなくなっていくのか