興味転々

読んだ本の記録&日記&興味ある事を混ぜこぜにして

平成29年読書

太陽の黒点の数の増減の影響 <人や気象に>

太陽黒点の変化 太陽の活動の周期は10年と言われている。 黒点の数は4から6年の間隔で極大期極小期がきているとも言える。 このサイクルのピークの黒点の数も長い期間で増減を繰り返す。 太陽の黒点が減る時は、太陽の活動が弱まる時。 こうなれば、氷河期?…

組織のトップになるには? 「総理」を読んで

「総理」になるには、実力や人気・人望だけでは泣かななれない。 あと一つ必要なものがあるようだ。 小説「吉田学校」だったか、 そのようなことを書いてあった。 昨年のアメリカの大統領選挙でも、 勝つと思われたクリントン氏が負けて、 共和党の泡沫候補…

ブロックチェーン<1>

仮想通貨 ブロックチェーンというと「ビットコイン」などの「仮想通貨」をイメージする。 ビットコインと同じような仮想通貨は数多くある。 「イーサリアム」「Ripple」「Litecoin」「 Dash」「 Ethereum Classic」 「Monero」 「NEM」 「Augur」などまだま…

物理学と経済学

世の中何が起こるかわからない。 最近は、日増しになんやらきな臭くなってきた。 今まで遠くにあったものが、急に近づいてきたような気がする。 きな臭いだけで終わるのか? 火がついてしまうのか? そしてどうなる? これから来るもに決まったものはない。 …

「現代を読み解くための『世界史』講義」を読んで

※「現代を読み解くための『世界史』講義」を読んで思ったことを、本の内容を引用しつつ、自分の考えを書いた。ここに書かれている内容がこの本の内容とすべて一致するものではない。 大過なく安定して人が暮らせる「平和」時代があったり、 「下剋上」のよう…

細菌とヒトの共存共生

「あななたの体は9割が細菌」 本屋さんで平積みになっているのを見て、 面白そうと思い買った。 ビジネス書とは違い、文字は小さく、文字がいっぱいだった。 速読ができないので、読むのに時間がかかった。 時間をかけるに十分な内容だった。 興味深い内容だ…

経済学に頼っていると・・・・・。20世紀と21世紀は違う。

国の負債、約1000兆円。 ほとんどが国内で調達しているから 大丈夫。 日本の資産はたくさんあるから 大丈夫。 日銀が多く国債を買っている。 日銀は、政府の子会社のようなものだから、帳簿を合わせれば、相殺されて大丈夫。 負債は多くても、金利は低い状態…