興味転々

読んだ本の記録&日記&興味ある事を混ぜこぜにして

気候変動の原因は?

地球の環境はどうした要因で変動するのか?太陽の黒点の増減の影響が大きいのか?地球で起きた変動の影響なのか?もし、今後地球で大きな環境変化が起きれば、70億人もいる人類はどうなるのだろうか?気になる。気候の変動は、人類に大きな影響を与える。農…

仮想通は・・・・高騰・暴落・騒動を乗り越えて 将来は?

「はぁー」ため息がでるような。 仮想通貨の変動の大きさには目を見張るものがある。 昨年年末から高騰と今年に入っての暴落があった。 さらに、コインチェックの問題などで、さらに、大きく値段が動いた。 大儲けする人や大損する人はたくさん出ただろう。 …

【独論】疲れついて

「疲れる」の原因は、なんなのか?「しんど〜い」「あ〜疲れた」よく耳にもする言葉だ。あまり何もしていないようだけど・・と思うこともある。「しんど〜い」「あ〜疲れた」の原因は運動量によるものではないことが、ままあるように思う。 または、運動した…

太陽と地球と紫外線

数学も物理も学生の時は欠点に近かった。しかし、興味は大変あった。ブルーバックスをよく読んだ。今は物理や数学とは関係のない分野にいるが、興味がある。素人なりに書いてみた。 太陽はすごい 太陽のお陰で、生きていける。日々食べているもの、電気ガス…

「マネーショート」したら? バブルは起きいるか否か?

もの常として、上がるものは必ず下がる。 「マネーショート」(リーマンショックの頃のサブプライムローン危機の映画。)をレンタルで見た。その時、ふと思った。 今年、2017年はリーマンショックから9年になる。リーマンショックが起きたのは2008年9月15日。…

太陽の黒点の数の増減の影響 <人や気象に>

太陽黒点の変化 太陽の活動の周期は10年と言われている。 黒点の数は4から6年の間隔で極大期極小期がきているとも言える。 このサイクルのピークの黒点の数も長い期間で増減を繰り返す。 太陽の黒点が減る時は、太陽の活動が弱まる時。 こうなれば、氷河期?…

多動力と器用貧乏

ちょっと前に、Yahooニュース一覧で、「多動力こそが最も重要な能力」という記事を見た。 「多動力」とは初耳だったので、クリックした。 「多動力」って何? ある程度想像がつくので、サッと見ただけ。 headlines.yahoo.co.jp 「多動力」とは 同時に複数の…

組織のトップになるには? 「総理」を読んで

「総理」になるには、実力や人気・人望だけでなれるというものではない。 あと一つ必要なものがあるようだ。 小説「吉田学校」だったか、 そのようなことを書いてあった。 昨年のアメリカの大統領選挙でも、 勝つと思われたクリントン氏が負けて、 共和党の…

ブロックチェーン<1>

仮想通貨 ブロックチェーンというと「ビットコイン」などの「仮想通貨」をイメージする。 ビットコインと同じような仮想通貨は数多くある。 「イーサリアム」「Ripple」「Litecoin」「 Dash」「 Ethereum Classic」 「Monero」 「NEM」 「Augur」などまだま…

物理学と経済学

世の中何が起こるかわからない。 最近は、日増しになんやらきな臭くなってきた。 今まで遠くにあったものが、急に近づいてきたような気がする。 きな臭いだけで終わるのか? 火がついてしまうのか? そしてどうなる? これから来るもに決まったものはない。 …

「現代を読み解くための『世界史』講義」を読んで

※「現代を読み解くための『世界史』講義」を読んで思ったことを、本の内容を引用しつつ、自分の考えを書いた。ここに書かれている内容がこの本の内容とすべて一致するものではない。 大過なく安定して人が暮らせる「平和」時代があったり、 「下剋上」のよう…

ジャムパンはどこへ行ったのか 追記あり

スーパーではよく見かけるジャムパン。子供頃から馴染みの菓子パン。あんドーナツパンも好きだし、クリームパンも好きだし コロッケパンも 焼きそばパンも コルネも 好きだけど、時々、ジャムパンを食べたくなる。そのジャムパンがコンビニから消えた。セブ…

細菌とヒトの共存共生

「あななたの体は9割が細菌」 本屋さんで平積みになっているのを見て、 面白そうと思い買った。 ビジネス書とは違い、文字は小さく、文字がいっぱいだった。 速読ができないので、読むのに時間がかかった。 時間をかけるに十分な内容だった。 興味深い内容だ…

心臓

NHKのドキュメントで オグリキャップを取り上げていた。 競馬には全く興味がなくても知っている。 最後のレースが「有馬記念」で それに勝って、引退した。 すごい馬だと思った。 色々逸話があったようだ。 地方競馬から中央競馬に這い上がったと言ってもい…

「えっ愛!?」

「えっ愛!?」はオヤジギャグ。先日の日経電子版に「えっ愛!?」なニュースがあった。 2000万回近くも愛を告白された「女性」が中国にいる。米マイクロソフ愛が生まれる日 絆、つなげるかト中国拠点が開発した人工知能(AI)「小冰(シャオアイス)」だ。…